長法被はこんな点がおすすめです

日本の伝統的衣装である法被、最近ではインターネットを通じてオリジナルのデザインのものが手軽に手に入るようになったため、お祭りだけでなく文化祭や体育祭などの学校のイベントでも用いられるようになりました。スポーツの応援やライブ会場に来て行ったり、お店で広告塔としての役割を果たす場合もあります。もともとは武士が家紋を染め抜いて着ていたものを火消しや職人たちも着用するようになり、といった歴史のある衣装ですが、今もまださまざまな職業・場面で使われるようになり進化を続けているのです。このようなさまざまな場面で使用する法被を作ろうと思ったとき、おすすめなのは、普通の法被よりもすその長いデザインの長法被です。きっと、普通のデザインのもの以上の効果を発揮してくれるでしょう。

統一感や見栄えの良さを生み出します

有名なお祭り・よさこい祭りで長法被は使われています。よさこいといえば、それぞれのチームごとに激しい躍動感ある踊りを踊りながら町を進んでいく祭り。それぞれのチームが他よりも踊りを良く見せたいとがんばっています。そんなときに役に立つのが長法被なのです。チームメンバーの動きに合わせて長いすそがひるがえる姿は圧巻です。踊りの見栄えが数段よくなるのです。足にまとわり付き、動きにくく見えるのでデメリットのように思えるすその長さが、逆にメリットとなっているのです。みんなで踊るとき、ぜひすその長さを長くしてみてください。普通の法被で踊るよりも素敵に見えるはずです。特に、チームごとに優劣が決まるとなると、審査員の目によく見えるためには踊りの内容や技術はもちろんのこと、衣装だって必要不可欠です。

目立つこと間違いなしなのです。

裾が長いと普通の法被以上に大胆でインパクトの大きなデザインを実現させることができます。イベントの中で目立って華を添えることができるというのも長法被の魅力です。ダンスのように激しい動きをすることがなくても、歩き回ったり向きを変えたりといったちょっとした動作でもひらりと翻るはずです。人は動きがあるものに目が行くという習性があります。つい目が行った先にある、大きく染め抜かれた店舗の名前、しっかりと宣伝することができるでしょう。多くの文字を入れることができるので、メッセージを伝えやすく、イベントの目的を多くの人々にアピールすることができます。広告宣伝という意味でもメリットの大きな衣装なのです。日本の伝統衣装ですから親しみもあります。ぜひそろいの法被を用意してイベントを盛り上げましょう。